ORYZAE STORY

こんにちは。

フードコスメORYZAEです。

ORYZAE商品を買ってくださった方も、まだまだ知らないよって方も、ORYZAEについて少しでも興味を持ってもらえていたら嬉しいです。

「どのような会社なの?」
「フードコスメって、どんな歴史があるのかな」

など、気になった方はいませんか?

今日は、フードコスメORYZAEが歩んできた道を、今届けたい思いを、あなたとちょっとだけ共有できたら良いなと思っています。

「俺が暴れて、稲作業界に光を与えたい」

そもそもフードコスメORYZAEは、もともとアグクルという名前の会社を作った後に、もう一つのブランドとして始めたものになります。

時は遡り、代表が大学生時代のころ、稲作業界の経営の難しさを知りました。

日本にはパンや麺類など、お米以外の主食がたくさんあります、量もどんどん増えていますよね。

それゆえ、米の消費量が下がっているのです。

また、安いお米が海外から輸入されてくることによる問題や、生産者不足問題などにより、米農業の経営が難しいのです。

そのような現状を、目の当たりにしました。

「こんなにも美味しいお米を、どうにかみんなに届けられる方法はないのか。」

そう考えていた代表が出会ったのが、日本の伝統的食文化である、発酵でした。

発酵の力、麹の力を使って、お米をお米として食べるのではなく、他の方法で摂取する方法があれば、もっとたくさんの人にお米の素晴らしさを、農業について知ってもらえるのではないかと考えたのです。

そしてそれを、

「自分でやろう。私が暴れてやろう。」

と考え、株式会社アグクルが誕生しました。

「あなたの幸せで、その家族が、周りの人が幸せになれる食卓」

そうして、会社ができ、奮闘する中で、初めての商品となる糀ソースが誕生しました。

家族って、自分以外の誰かが幸せであると、その幸せが伝染するようではないですか?

子供にとっても、親が楽しそうにしている時は、かけがえのない幸せな時間でしょう。

そんな時間が増えてほしい。

大変な家事、特に毎日の料理の中で、今までより楽に、だけどカラダに良い、そんなものがあったら。

ちょっと疲れた日でも、食卓が暖かくなる、そんな場所をつくることができたら。

そんな思いを、糀ソースに込めました。

かけるだけで、少し料理に足すだけで、簡単に体の内側から家族の健康を支えることができるものを作りたかったのです。

米麹を使い、お米とはまた違う形にして世に提供することで米農家を支え、この麹ソースによって家族に温かい場所をお届けしたいという願いが込められ、麹ソースは完成しました。

「フードコスメORYZAEの誕生」

その最初の麹ソースから改良を続け、現在あなたの手にも届いているかもしれない、SOY/SALT/SWEETの麹ソースになりました。

この麹ソースを、次世代を担う子供たちに届けたい、そのためには、家族の食卓を作るお母様方にもっと知ってもらいたい。

簡単に使い、楽しく食べることでカラダも綺麗になっているように。

オシャレで可愛らしく、見た目からも興味を持ってもらえるような商品を。

このような思いとともに、アグクルとはまた少し違う、”食べることで内側からキレイを届ける”ことをコンセプトとしたフードコスメORYZAEという新たなブランドを展開しました。

「険しい道と、そこで得た人々との関わりに対する思い」

しかし、商品を作った後、そう簡単には売れず、経営状態も厳く、うまくいかない状況が続きました。

経営している先輩からお金を借りて、なんとか頑張っていた時代もありました。

そんな中、お世話になっていた人への感謝の気持ちが足りていないと気付かされる出来事がありました。

ある日、手伝ってくれていた人に、「周りに対しての感謝の気持ちとかないの?」と言われた時です。

必死になって会社を続けている中、自分では感謝をしていないつもりはありませんでした。

そのように思われていた自分に、気がついていなかったのです。

ここが、社会では自分で思っているだけではダメで、それが相手からも同じように思われる行動をしなければいけないということに、気がついた瞬間でした。

この経験から、この会社のお客様に対する関わり方も大きく変わっていきました。

お客様からの要望への対応の速さ、私たち自身から積極的に関わっていく姿勢、また、実際に私たちの商品をとても気に入り、応援してくださる方に会いにいくこともあります。

「商品や、私たちと出会ってくれた方々と、これからも長く続く関係性を大事にできる会社にしていきたい。」

この思いが、本当に強くなりました。

感謝や愛情は、伝えすぎる、なんてことはないのです。

できるだけ早く返事をする事だって、距離が遠かったとしてもこちらから出向くことでその距離を縮めたりする事だって、そしてそこで、相手に伝わるまで想いを伝えることだってできるのです。

自分たちなりの、自分たちができる最大限の感謝を、伝えていける会社でありたいと思っています。

 「新しい仲間との出会い」

その後、たくさんの助けてくださる方々との出会いもあり、フードコスメORYZAEに新たな仲間ができました。

今まで、

「お客様ともっと深く関わるためにこうしたい」

と代表が思い描いていた、お客様と一緒に歩んでいける姿にするための方法を一緒に実行してくれる仲間たちとの出会いです。

もっと、もっとよくしていきたいという思いをともに叶えてくれる仲間たちとの出会いです。

それにより、SNSでの繋がり、そして直接でのつながりの面でも私たちについて知ってもらえる機会が増え、前進することができたと思います。

商品を手に取っていただいた人々とも、そこに至るまでの長い過程で私たちの想いに共感して手を貸してくださる人々とも、今後とも長い付き合いができたらと思っています。

「老若男女全ての人たちのライフスタイルに合う糀商品を世の中に送り出したい」

このようにして少しづつ成長していったフードコスメORYZAE。

現在は、全ての世代の方へ届く糀商品を展開したいと考えております。

「元々は、家事が大変なお母さんへ、そして次の世代を作っていくまだまだ発達段階の赤ちゃんへ、糀という素晴らしい製品を届けたい」との思いでスタートしたこのブランド。

そこから、応援してくださる方、駆け出しの頃から今まで関わりを持たせていただけているお客様、一緒に頑張っている仲間、商品を通じて出会ったあなた、など、たくさんの方と出会う中で、もっと多くの方に糀を、フードコスメORYZAEを届けていきたいとの思いになりました。

おじいちゃんおばあちゃんも、忙しい人にも、家族にもペットにも、全世代の方に届けられる、はっと驚き、きっとハマってしまう、そんな商品を作っていきたいです。

そのために私たちは、これからもさまざまなフィールドで糀の素晴らしさを伝える商品を展開していきます。

いつかあなたが思いもよらなかった場所で、「これ、糀なんだ!」と思う場面が出てくるかもしれません。

そしてそこで、是非糀の事、発酵食品のこと、そして私たちのことを知ってください。

あなたが、周りのみんなが、”食べる”ことを楽しむことによって”健康になる世界を作ります。

それを食べる事で地球にも優しく、笑顔になれる世界を作ります。

出会ってくださった方々、また、これから出会う方々に感謝を込めて。